1.アルーンアップ/ダウン

user-pic
0
◆解説◆

アルーンは、1995年にトゥーシャー・シャンデが、「現在の市場にトレンドがあるのか、あるとしたらどのくらいの強さか」を測定するために作った指標です。アルーン(Aroon)はアルーンアップ(Aroon Up)とアルーンダウン(Aroon Down)の2本線で構成されています。
アルーンアップ(Aroon Up)は、高値を更新した回数が、設定期間中どのくらいあったかをパーセンテージで表示します。
アルーンダウン(Aroon Down)は、安値を更新した回数が、設定期間中どのくらいあったかをパーセンテージ表示します。
<アルーンの計算方法>
アルーンアップ=n?(過去n日中の最高値からの経過日数)÷n×100
アルーンダウン=n?(過去n日中の最安値からの経過日数)÷n×100

◆使い方◆

aloonupdown.jpg

★おすすめの本★

FX 「シグナル」を先取りして勝つ! -稼ぐ人はなぜ相場の動きを読めるのか?-
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)

★月齢カレンダー★

fxwill.com
※投資にはやっぱり月齢カレンダー。
はたして満月は売りか!?買いか!?

このブログ記事について

このページは、Bear'sProductsが2009年1月 8日 16:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2.アルーン・オシレーター」です。

次のブログ記事は「【オシレーター分析】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

★マーケットレート★


★その他★


タグクラウド